消防用設備点検について|横浜市、川崎市、大田区、世田谷区、目黒区の消防点検はらSD防災株式会社

消防用設備点検

火災時に正常に作動するか、
定期的に確認が必要です。

消防用設備は、「いざ」というときに正常に作動しないと、人命に関わる恐れがあります。
火災時の被害を最小限に食い 止めるために、消防用設備の点検は有資格者が在籍しているSD防災株式会社にご依頼ください。

消防用設備点検

必要性

「定期的な点検」と「消防機関への報告」は義務です。

消火器・自動火災報知設備・非常警報設備・屋内消火栓・避難器具、誘導灯・スプリンクラー設備などの消防用設備は、いつ火災が発生しても確実に機能を発揮する必要があり ます。しかし、普段は使用しないことから、知らない間に経年劣化や故障が生 じている場合も少なくありません。そのため、消防法では消防用設備の定期的 な点検と、消防機関への報告を義務付けています。
「定期的な点検」と「消防機関への報告」は義務です。

防火対象物の関係者は、建物の安全性を維持するために、
有資格者による定期点検を実施しましょう。

SD防災では、消防用設備の点検依頼を承っています。
問題や不備がないか、確かな技術とノウハウを駆使して確認します ので、お気軽にご連絡ください。

点検費用

SD防災では、建物の規模や消防設備の数に合わせて、点検費用を算出しています。
詳細な点検費用を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

防火対象物点検

必要性

「建物の防火管理体制は万全」だと言い切れますか?

2002年の法改正に伴い、多数の人が出入りする一定の防火対象物については、 有資格者による定期点検と消防機関への報告が義務付けられました。この防火 対象物には、小規模の雑居ビルや飲食店、病院、老人福祉施設などが含まれま す。消火器や火災報知機などの設備面を点検する消防用設備点検に対し、防火 対象物点検では避難誘導や応急措置といった防火管理体制を確認します。
「建物の防火管理体制は万全」だと言い切れますか?

SD防災では、点検から書類作成、報告まで、
防火対象物点検のことならトータルでサポートできます。

長年培ってきた経験と知識で、建物の安全と快適な環境を守ります。
防火対象物点検のことなら、ワンストップで対応で きるSD防災にお任せください。

お問い合わせ・お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせください。

【営業時間】平日 8:30~18:00
【定休日】日祝